器のある暮らし

小さなうつわ市

みなさま、三連休はいかがお過ごしになりましたか?私はといえば、三連休の初日はルーデコの小さなうつわ市、自由が丘ポップアップストアへ。今回は世田谷雑貨店LOU&DECO(ルー&デコ)オンラインストアにまだ掲載していない新しい作家さん2人の作品を持っていきました。器を手に取ったお客様の生の声は、とても勉強になり励みにもなります。近日中にオンラインストアにもアップ予定です。

そして、三連休二日目は中目黒にあるNO DESIGN GALLERYにて開催された「angersの小さなうつわ市」に行ってきました。

駅からの道すがらおしゃれなショップやカフェが連なる目黒川沿いを散策。丁度昼時、ランチをしてからギャラリーへと言うことで先ずは腹ごしらえ。有名なカフェに入店したいところですが、久しぶりの中目黒…どこに行けばよいかなぁ、混んでるかなぁと考えるのも苦手な私。という訳で、安定のドトールコーヒーでホットサンドとアイスコーヒーを頂き、いざ器たちの待つギャラリーへ

歩くこと五分。目的地のNO DESIGN GALLERYに到着。

店内には5、6人の先客が。ギャラリーはスタッフさんを含め10名ほどいましたが店内は広めでゆっくり鑑賞することができました。『にほんの丁寧なものづくり』をテーマに器やドライフラワーが並び、十数名の作家さんの作品が綺麗にディスプレイされていました。また、液晶ディスプレイが各所におかれ料理が盛り付けられた器の写真がスライドショーで流れるなど、イメージしやすい工夫が素敵でした。

その中で「加藤あゐさんという作家さんの作品が気になり、行ったり来たり。この時点で一枚買おうと決めてはいたもののどれにしようか判断できず(笑)どれもこれも素敵でしたが、粉引の輪花か黒の木瓜かの二択で迷い、最終的に選んだのは………こちら。

きっと食卓をすごく引き立ててくれるに違いない木瓜の器。マットな黒の中に、錆が浮き出たようなデザインがとても美しいのです。

素敵な器と出会って引き寄せられる気持ち、それを手にとった瞬間のときめき、そして迷って決断したときのすがすがしさ(ちょっとおおげさですが…)そんな気持ちを私自身も味わって、あらためてお客様の気持ちに共感できたような気がしています。

そして三連休の最終日は、こうしてブログを書いたり、新着商品の写真撮影やらサイトへアップする準備やらでパソコンの前で過ごしております。今週末のルーデコのうつわ市(自由が丘ポップアップストア)に向けて準備します!

関連記事一覧